ソルブレム公式LINEをお友達登録すると会員限定の学習計画がもらえる!  ~お得な受験情報も定期的に配信~

【大学受験/数学】青チャートの使い方解説!

ご存じの方も多いのではないでしょうか、数学の辞書のような参考書、チャート。学校で配布されるところも多く、授業中ずっとチャートを解き進める「チャート星人」たる者まで現れる始末。今回はそんなチャートの中でも青チャートに絞って使い方などを解説しようと思います。

目次

青チャートのレベル

青チャートは比較的幅広いレベルをカバーしています。

  • 基礎レベル
  • 共通テスト
  • 日東駒専
  • GMARCH/関関同立
  • 地方国公立
  • 早慶
  • 旧帝大文系

旧帝大の理系以上を除いてはほぼすべての入試を網羅的にカバーできます。

青チャートの特徴

本誌の特徴

一言で表すならとにかく分厚い、辞書のような参考書です。特に理系の場合数学1A、数学2B、数学3と合わせるととんでもない分厚さになります。実際、高校数学で扱う問題をすべて収録されてありますのでチャートにない問題はないといっても過言ではありません。

このような人におすすめ

すべての問題が収録されてあるので完璧にすれば共通テストは9割は超え、満点も十二分に狙えるようになります。ですがこの話は“完璧にすれば”という条件付きです。その条件がかなり難しく、数学1A,2Bだけでも合わせるとかなりの量になります。学校の進度と並行して進めないと間違いなく終わらないので、一年生から使い続けている人、手に取ってみて「私ならできそう!」と直感ながらに思ったなら使ってみてもいいでしょう。

また、後ほども説明がありますが、分からない苦手な範囲だけを青チャートでカバーするという方法もあります。ですので数学が苦手な人にもおすすめです。

青チャートの使い方

最後まで使い切りたい人

あまり大きな声では言えませんが、他の授業の内職としてコソコソ進めないと終わらない量です。とにかく時間を見つけて進めましょう。ただ、正直すべてを終わらせるのは無理に近いので1年の冬以降から使う場合は次に説明する辞書のように活用するを強くおすすめします。

数学の辞書として使う

単語で言うところの辞書的な役割としてチャートを使う方法です。おそらく英単語を和英辞典で勉強してる人はいないでしょう。ちゃんと単語帳を別途持っているはずです。それと同じように、わからない問題の類似問題や苦手な分野の問題をチャートで補助的に使うのもいいでしょう。実際こちらの使い方をしている人の方が多いと思います。

まとめ

今回は青チャートについて解説をしました。とても分厚いのでくれぐれも青チャートに集中し過ぎて共通テストや過去問に乗り遅れないようにしましょう。

ソルブレムではわからない問題を24時間いつでも質問対応しております。オンラインで家庭教師になんでも質問してみよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次