ソルブレム公式LINEをお友達登録すると会員限定の学習計画がもらえる!  ~お得な受験情報も定期的に配信~

【英単語帳】”伸びる”人は英単語帳をこのように使ってます!

受験英語において、英単語帳は欠かせないツールの一つです。しかし、こんなこと思ったことありませんか?

友達と同じ単語帳を使っているはずなのにあいつの方がなぜテストの点数が高い!!

そもそもどんな英単語帳を使ったらいいのかわからない...

できる人たちが一体どのような使い方をしているのか、その秘訣は何なのか。英単語の語彙が豊富な人たちが共通して行っている英単語帳の選び方や使い方や使い方を見ていきましょう。

目次

英単語帳の選び方

まずはスタートとなる英単語帳の選び方を見ていきます。

大学受験に必要な単語数

大学受験に必要とされる英単語の量は約4000〜6000語とされています。これは高校受験に必要な英単語数である約1000〜1500語と比較しておよそ5倍の単語量です。

  • 共通テスト:約4,000語
  • 私立難関校:約5,000語
  • 国公立難関校:約6,000語

そして一般的な高校の授業で習う単語数は約3,000語と言われています。したがって、大学受験を目指す場合、高校授業の内容に加えて、さらに1,000語以上の英単語を追加で覚える必要があります。特に難関校を目指す場合は、その数はさらに増えることでしょう。

英単語帳を選ぶ決め手は?

結論から言いますと、英単語帳はフィーリングで選ぶのが望ましいです。そのように言い切れる根拠として次の2点が挙げられます。

どの単語帳でも大学受験の英単語をほぼほぼカバーできるから

ターゲット1900という英単語帳を例に取ってみましょう。表紙名の通り1900語が収録されています。高校の授業で習う3000語と合わせて約5000語なので共通テストまでは余裕でカバー出来ます。

それに加えてターゲット1900には1573語の関連語があり、合わせると3473語の英単語を覚えることができます。基本的な高校必修レベルの単語を覚えた上で、ターゲット1900の関連語を含めた単語を覚えると、約6500語の語彙力を身につけることができるとされています。難関国公立大学で戦うには十分な単語量です。

どの単語帳を完璧にしたってわからない単語は必ず出てくる

二次試験では必ずみんなが知らないような英単語が出てきます。知っていたらラッキーくらいのレベルです。知らない単語も前後の文脈から推測してくださいという出題者側の意図が込められています。

店頭に並んである単語帳にはどれも一長一短あります。なので大事なのは「この英単語帳をずっと使い続けられるのか」これに限ります。つまり相性です。紙質、レイアウト、ページ数、コンセプト、などいろいろあると思います。極端な話単語量が多い方がいいというなら辞書が最強なはずですが誰も辞書で英単語の勉強をしている人はいません。手に取ってみてしっくりくる単語帳を選びましょう。

英単語帳の使い方

市販の英単語帳の種類には限りがあるので、当たり前ですが、あなたの使っている単語帳は必ず誰かも使っているはずです。なので同じ英単語帳を使っているライバルよりも早くそしてより完璧に覚えることが大事になってきます。

単語帳はリピートが命!

ではどのようにしたら「同じ英単語帳を使っているライバルよりも早くそしてより完璧に覚えること」ができるのでしょうか。結論、忘れてもいいから読み進めて何周もすることです。

オススメしない単語帳の使い方

覚えてから次に進むという使い方はあまりオススメしません。その根拠としてエビングハウスの忘却曲線というものがあります。

19世紀のドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスによって提唱された、人が情報をどれだけの速さで忘れてしまうかを示す理論のことを指します。

この曲線からわかることは、人は1日たてばそのほとんどを急激に忘れてしまい、それ以降は緩やかに忘れてしまうということです。”節約率”なので”イコール記憶量”というわけではないのですが、ニアリーイコールと思っていいでしょう。

つまり、単語をその時その瞬間は覚えたと判断しても、翌日には結構な数を忘れてしまうということです。じっくり単語帳を進めると1単語当たりの接触回数が少なくなり覚えられる量も少なくなってしまいます。

例えば、日本史や世界史の人物名はあまり覚えられないのにクラスメートの名前はすぐに覚えられますよね?それは名前の接触回数が多いからすぐに覚えられるのです。

ボクの名前誰も覚えてくれへん...

いつどこで英単語帳をみるのか

英単語帳を机に向かって時間を決めて黙々と覚えるのはかなり効率が悪い勉強法です。やったらダメとはいいません、息抜きになりますし頭を休めることもできます。でも単語帳を眺める時間を10分とるなら、ほかの勉強に回した方が効率がいいでしょう。

英単語帳はスキマ時間を見つけて場所関係なく見るべきです。受験生とは言わずとも、英単語帳を持っている人なら遊びに行くときも、部活の試合に行くときも肌身離さず持ち歩くべきです

  • 登下校の電車内
  • トイレの壁に単語の付箋を貼る
  • 部活の試合の合間
  • (ラーメンの待ち時間)
  • 学校の休み時間

まとめ

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。この記事に書かれたことは必ずしも万人に通ずるものではなく、あくまで勉強法の一部として紹介しました。英単語の勉強で悩む生徒にとってその解決の一助になれば幸いです。

私たちソルブレムは皆さんが普段の塾や学校で出てきた分からない問題をオンライン(ビデオ通話形式)で24時間いつでも質問対応しております。気になる方は是非ご活用くださいませ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次