ソルブレム公式LINEをお友達登録すると会員限定の学習計画がもらえる!  ~お得な受験情報も定期的に配信~

勉強のやる気が起こらない時の対処法

24時間オンライン家庭教師ソルブレム代表ニシオです。
この記事は7分で読めます。

この記事にたどり着いたあなたは勉強のやる気が下がってしまい、それを改善しようと一歩踏み出したのでしょう。SNSなどの誘惑が多い中で勉強を根気強く続けるのははっきり言って難しいことです。そんな中でもこの記事にたどり着いた勉強熱心なあなたにやる気を上げる方法をいくつか提供しようと思います。

目次

勉強したくなるまで勉強から離れる

  • 中学1、2年生
  • 高校1、2年生
  • 浪人生

「勉強したくないのなら、勉強が恋しくなるまで離れてみよう」少し荒い方法のように聞こえるかもしれませんが効果的な対処法です。

ただ難点は中学3年生と高校3年生にはあまりお勧めできないところです。

例えば、1年間で累計2500時間勉強した人と2550時間した人を比較して後者の方が合格率が高いかと言われるとそんなことはありません。1週間勉強から離れたところでそれが原因で落ちることは考えにくいです。

ですが罪悪感を抱えてしまうという点で、今後のメンタル面で支障をきたしてしまう可能性があるので万人にはお勧めできないでしょう。

  • 嫌でも勉強がしたくなる
  • マイページな人にはかなり効く
  • 効く人効かない人の差があり再現性が低い
  • どことなく不安になる

リラックス時間をこまめにとる

さすがに1週間単位で休憩をとるのは怖い、、という人はこまめに休憩をとるもの手です。たとえ休憩をとりすぎて1時間しか勉強ができなかったとしても、その1時間が集中して勉強に取り組めたなら十分すぎる収穫です。

  • 散歩をする
  • 軽食をとる
  • 友達と会話をする

これらを1時間勉強したら挟んでみると学習効率が上がるはずです。

勉強に対する志が高い友達と一緒に過ごす

勉強において”環境”はかなり大事なものです。自分の周りに勉強のモチベーションが高い人が多いのか、そうでない人が多いのとではその後の成績の伸びは全くと言っていいほど違います。

受験が団体戦と言われるゆえんだな

では具体的にどのような行動をとるといいのか、いくつかのポイントを説明します。

目標となる”友達”を設定する

点数や偏差値の目標を自分で立てるのは難しいことです。それらは模試やテストの難易度によって変動しやすいので、なるべく絶対的な目標ではなく相対的な目標を立てることを心がけよう。

そこでおすすめなのは「自分より賢い友達を超える」という目標を立てることです。

友達と競争意識を持つことで自然にやる気が上がってきます。「なんであいつより点数が低いんや!」という負の感情がモチベーションに火が付きやすいです。

  • 簡単に目標が設定できる
  • モチベーションが保ちやすい
  • 低い点数をとったときに友達から煽られる

同じ自習室を使う

お互いが違う塾に通う友達でしたらラインなどで閉館まで残って一緒に帰るよう約束すると意地でも勉強しようと机に向かうことができます。

モチベーションが上がらない時でも「友達が勉強しているなら」と奮起して勉強することができるはずです。

  • 友達同士で競争意識が生まれる
  • モチベーションが長く続く
  • お互いがバラバラだとやりづらい

まとめ

勉強に取り組む中でのモチベーションの低下は、誰にでも起こりうることです。ですがそれを正当化して逃げてしまうと取り返しのつかないことになりかねません。周りの人と手を取り合って乗り越えていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。あなたの成功を心より願っております。

我々ソルブレムでは24時間いつでもあなたの分からない問題、質問対応を受け付けています。ビデオ通話形式だから講師の板書を見ながら学習を進めることができます。7日間の無料体験も実施中です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次